障がい者の支援

障がい者の自立(就労)支援

障がい者自立支援センターたんぽぽの家

障がい者自立支援センター たんぽぽの家

概要

障がい者自立支援センターたんぽぽの家は、「就労継続支援B型」と「地域活動支援センター」の2つの事業を行っている事業所です。

就労継続支援B型は、「障がいにより一般企業などに就職する事が難しい方に対して、雇用契約を結ばずに働く場所を提供する事業」で、地域活動支援センターは「『精神疾患を抱えながら地域で生活しているけど、ちょっとした相談や生産活動の場が欲しい』などという方に対し、就労継続支援B型よりは、ややゆったりした場所を提供する事業」です。

「いつ来てもいつ帰ってもいい場所」

まずは一歩外へ出るためのきっかけになる場所でありたいと思っています。

「とにかく色々やってみよう」

「失敗しても大丈夫。まずはチャレンジしよう」というスタンスで色々な作業などにチャレンジする機会を作ります。

衣料品や精密機械の受託作業や、お菓子や布製品などを作ったり、こころの医療センター駒ヶ根の中にある喫茶店を運営したり、様々な作業を行っています。

利用にあたっては、まずは見学や体験利用をしていただき、就労継続支援B型はそれぞれの市町村に障害福祉サービス利用の申請を、地域活動支援センターについては、たんぽぽの家へ申請書を出していただくことになります。

なお、地域活動支援センターについては駒ヶ根市が保険者の方が対象となります。

就労継続支援B型

営業日 月~金(イベント等で土日に開所することもあります)
通所時間 9時00分~16時00分
お問合せ

障がい者自立支援センターたんぽぽの家

住所
〒399-4105 駒ヶ根市赤須東2-12
連絡先
TEL:0265-81-8116 FAX:0265-81-8116
E-mail
km.tanpopo@cek.ne.jp

指定特定相談支援事業所たんぽぽ

概要

障害福祉サービスを利用するにあたっては、「なぜどんなサービスを、いつどのくらい使うのか?」などがわかる「サービス等利用計画」というものを市町村へ提出する必要があります。それを作るのが「相談支援専門員」です。介護保険のケアマネジャーと似たような感じだと思います。

「これからどんな生活をしていきたいか?」「どんなことに困っているか」を一緒に考えながら、より良い生活を送ることができるようにお手伝いします。

現在、他の事業所と兼務で1名の管理者と4名の相談支援専門員がいます。

営業日 月~金(祝祭日を除く)
時間 8時30分~17時15分
(訪問に出ていることもありますので、お越しになる際は事前にご連絡ください)
対象 原則として駒ヶ根市が保険者の方
詳しくはお問合せください

指定特定相談支援事業所たんぽぽ

住所
〒399-4105 駒ヶ根市赤須東2-12
連絡先
TEL:0265-81-8116 FAX:0265-81-8116
E-mail
km.tanpopo@cek.ne.jp